14.一体性の12ステップ

一体性を維持するため、すべてのギャマノングループは、以下の一体性のステップに従います。
 
 
 
一体性のステップ 1 
      第一に優先すべきは共通の福利である。個人の平安は、ギャマノンの一体性にかかっている。
 
一体性のステップ 2
      私たちのリーダーは、信頼されている僕にすぎない。彼らは支配しない。
 
一体性のステップ3
  ギャマノンのメンバーになるための唯一の条件は、ギャンブルの問題がある人にあなたの生活が影響されているという
  ことだけである。
 
一体性のステップ4
  各グループは、ほかのグループあるいはギャマノン全体に影響するような事柄以外は、自立的に運営されるべきである。
 
一体性のステップ5
  ギャマノンの主要目的はただ一つ、ギャンブルの問題がある誰かに影響されている人たちにメッセージを運ぶことである。
 
一体性のステップ6
  ギャマノンはいかなる関係のある施設や、外部の事業に対しても、その活動を支持したり、資金を提供したり、
  ギャマノンの名前を貸すことをしてはならない。金銭や財産、名声の問題で、私たちは大事な目的からそれる
  恐れがあるからである。
 
一体性のステップ7
  すべてのギャマノングループは、外部からの寄付を辞退して、完全に自立しなければならない。
 
一体性のステップ8
  ギャマノンはどこまでも非職業的でなくてはならない。しかし、サービスセンターのようなところでは専従の職員をおくことが出来る。
 
一体性のステップ9
  ギャマノンそのものは決して組織化されてはならない。しかし、代議員会または委員会をつくるることはできる。
  これらのサービス機関は、グループやメンバーに対して直接責任を担うものである。
 
一体性のステップ10
  ギャマノンは、外部の問題には意見を持たない。したがって、ギャマノンの名前は公の論争で引き合いに出されるべきではない。
 
一体性のステップ11
  私たちの広報活動の方針は、宣伝することよりもひきつける力を基本とする。つまり、新聞・ラジオ・映画・テレビ・インターネットなどのレベルで、
  私たちは個人のアノニミティ[匿名性・無名性] を常に守る必要がある。
 
一体性のステップ12
  アノ二ミティーは、ギャマノンプログラムの霊的に基本となるものである。それは、個人よりも原理が
  優先すべきことを、いつも、私たちに思い起こさせるものである。
 
  (ギャマノン流の生き方より抜粋)

Comments